ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の13時頃更新。

カテゴリ: HBビューワ

■AJCCの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


アリストテレスは9戦8連対、菊花賞で上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」=《70》超えと優秀。

アリストテレス

サトノフラッグは8戦3勝&2着1回、菊花賞で「ハイブリッド指数」=《65》をマーク、近2走は重賞で上がり2位以内をマーク。

サトノフラッグ

ステイフーリッシュはオープンで21戦して3着以内が12回、近走は「ハイブリッド指数」=《70》前後で安定、1週前の「追切指数」=《38》と上々。

ステイフーリッシュ

ラストドラフトはアルゼンチン共和国杯で「ハイブリッド指数」=《70》をマーク、ノヴェリスト産駒は中山の芝の中~長距離の成績&回収率が上々、戸田厩舎はオープンで複勝率40%と優秀。


ラストドラフト


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■日経新春杯の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


アドマイヤビルゴは5戦4勝、アンドロメダSで上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」=《69》をマーク。

アドマイヤビルゴ

ヴェロックスはオープンでコンスタントに3着以内、中日新聞杯で「ハイブリッド指数」=《68》をマーク、「ハイブリッド指数」=《60》台後半で停滞気味。

ヴェロックス

サンレイポケットはオープンで3戦して3着2回、近3走は上がり2~4位をマーク、毎日王冠が「ハイブリッド指数」=《70》と優秀。

サンレイポケット

ダイワキャグニーはオープンで6勝、2走前&3走前は今回の出走馬で最先着、「ハイブリッド指数」=《70》と優秀。

ダイワキャグニー


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■シンザン記念想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


ククナはアルテミスSで「ハイブリッド指数」=《49》をマーク、3戦すべて上がり最速をマーク、1週前の「追切指数」=《38》と上々。

ククナ

バスラットレオンはオープンでは3着が最高、「ハイブリッド指数」=《59》をマーク、キズナ産駒は中京の芝の短距離~マイルの成績が良い。

バスラットレオン


レゾンドゥスリールは初戦で上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」=《44》と上々、レースラップのラスト5ハロンすべて10~11秒台と優秀。


レゾンドゥスリール

ロードマックスは朝日杯FSで「ハイブリッド指数」=《58》をマーク、近2走は重賞で上がり3位以内をマーク、ディープインパクト産駒は中京の芝の短距離~マイルの成績が良い。

ロードマックス


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■中山金杯の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。



ヒシイグアスは9戦7連対、ウェルカムSで「ハイブリッド指数」=《65》をマーク、1週前の「追切指数」=《40》と優秀。

ヒシイグアス

バイオスパークは福島記念でオープン初勝利、「ハイブリッド指数」=《69》をマーク、今回の7頭中で最先着。

バイオスパーク

ディープボンドは近3走は「ハイブリッド指数」=《60》台前半、キズナ産駒は中山の芝の中~長距離の成績&回収率が上々、1週前の「追切指数」=《40》と秀逸。

ディープボンド

ヴァンケドミンゴはオープンで6戦して3着以内が3回、福島記念で「ハイブリッド指数」=《68》をマーク、ルーラーシップ産駒は中山の芝の中~長距離の成績が上々。

ヴァンケドミンゴ



その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■有馬記念の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


クロノジェネシスは全12戦で4着以下は一度だけ、近3走すべて上がり3位以内をマーク、宝塚記念が「ハイブリッド指数」=《85》の超ハイレベル。


クロノジェネシス


フィエールマンは近2走はGⅠで上がり最速をマーク、天皇賞(秋)が「ハイブリッド指数」=《81》と優秀、ディープインパクト産駒は中山の芝の中~長距離の成績が上々。

フィエールマン

ラッキーライラックはエリザベス女王杯で好調教、エリザベス女王杯で「ハイブリッド指数」=《75》をマーク、他人気馬と比べてムラあり。


ラッキーライラック

オーソリティは6戦4勝&3着1回、アルゼンチン共和国杯で「ハイブリッド指数」=《72》をマーク、今回の6頭の出走馬の中で最先着。


オーソリティ



その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

↑このページのトップヘ