ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の13時頃更新。

カテゴリ: HBビューワ

■チャンピオンズCの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


テーオーケインズは「ハイブリッド指数」=《80》超えを2回マーク、近3走すべて今回の出走馬の中で最先着、シニスターミニスター産駒はダートの中~長距離の成績&回収率が上々。

テーオーケインズ

クラウンプライドは7戦3勝&2着2回、JBCクラシックで「ハイブリッド指数」=《72》をマークして2着。

クラウンプライド

ジュンライトボルトはダートで3戦2勝&2着1回、すべて上がり37秒台をマーク。シリウスSで「ハイブリッド指数」=《74》をマークして重賞初制覇。

ジュンライトボルト

グロリアムンディはダートのオープン&重賞で2戦2連対、「ハイブリッド指数」=《70》超えをマーク、1週前の「追切指数」=《41》と上々。

グロリアムンディ



その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■ジャパンCの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。



ダノンベルーガは天皇賞(秋)で「ハイブリッド指数」=《73》をマーク、近2走はGⅠで上がり3位以内をマーク、堀厩舎は東京の芝の連対率30%超え&複勝率40%超えと上々。

ダノンベルーガ

シャフリヤールはオープン&重賞で6戦2勝&3着2回、国内では「ハイブリッド指数」=《70》超え、1週前の「追い切りコース」が芝で負荷が軽いのがどうか。

シャフリヤール


ヴェラアズールは近3走すべて上がり最速33秒台をマーク、京都大賞典は「ハイブリッド指数」=《75》とハイレベル、1週前の「追切指数」=《47》と優秀。

ヴェラアズール

ボッケリーニは近2走は「ハイブリッド指数」=《72》をマーク、1週前の「追切指数」=《36》と上々、前走の馬体増から絞ってくるか。

ボッケリーニ



その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■マイルCSの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。



ソダシはオープン&重賞で10戦6勝、ヴィクトリアMで「ハイブリッド指数」=《76》をマークしてV、1週前の「追切指数」=《50》と秀逸。

ソダシ

サリオスは近2走は「ハイブリッド指数」=《75》前後、毎日王冠で上がり最速をマーク、今回の出走馬の4頭の中で最先着。

サリオス

シュネルマイスターはオープン&重賞で7戦5連対、安田記念では今回の出走馬の8頭の中で最先着、1週前の「追切指数」=《46》と優秀。

シュネルマイスター

セリフォスは近2走は東京1600mで上がり3位以内をマーク、富士Sで「ハイブリッド指数」=《70》超え、ダイワメジャー産駒は阪神の芝の短距離~マイルの成績&回収率が上々。

セリフォス


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■エリザベス女王杯の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


スタニングローズは秋華賞で「ハイブリッド指数」=《71》をマークしてGⅠ初制覇、1週前の「追切指数」=《32》と上々、高野厩舎は阪神の芝の勝率20%超え&複勝率40%超えと優秀。

スタニングローズ

デアリングタクトはオープン&重賞で4勝、宝塚記念で「ハイブリッド指数」=《74》をマークして3着、近2走は上がり3位以内をマーク。

デアリングタクト

ナミュールも高野厩舎の管理馬、近走はGⅠで上がり3位以内をマーク、秋華賞の大幅馬体増は成長分。

ナミュール

ジェラルディーナはオールカマーで「ハイブリッド指数」=《72》をマークして重賞初制覇、近走はすべて上がり2以内をマーク、「上がり3位内率」=《80%》と末脚は堅実。

ジェラルディーナ


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■京王杯2歳Sの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


ロンドンプランは上がり最速をマークして2連勝、小倉2歳Sは大幅馬体減、「ハイブリッド指数」=《52》をマーク。

ロンドンプラン

エナジーチャイムは新馬戦で「ハイブリッド指数」=《44》をマーク、レースラップのラスト3ハロンが11秒4-11秒0-11秒3と優秀、2着馬も次走で勝ち上がり。

エナジーチャイム

アンタノバラードは3戦1勝&3着2回、前走で上がり最速をマークしてV、ダノンバラード産駒は東京の芝の短距離~マイルの回収率が優秀。

アンタノバラード

ペースセッティングは2戦目の未勝利戦が「レースレベル」=《S》&「ハイブリッド指数」=《47》と優秀、1週前の「追切指数」=《32》と上々、2走の1~3着馬はすべて次走で連対。


ペースセッティング



その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

↑このページのトップヘ