ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の13時頃更新。

カテゴリ: HBビューワ

■アイビスSDの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


モントライゼはオープン&重賞で5戦して3着以内が3回、常に前半3ハロン33秒台、「ハイブリッド指数」は《56》が最高。

モントライゼ

ライオンボスはオープン&重賞で8戦5連対、3走前&4走前に1000mで「ハイブリッド指数」=《70》をマーク、大幅な馬体重の変動に注意。

ライオンボス

タマモメイトウは韋駄天Sで今回の出走馬の6頭の中では最先着、上がり最速&「ハイブリッド指数」=《67》をマークしてV、エイシンフラッシュ産駒は新潟の芝の短距離~マイルの回収率が優秀。

タマモメイトウ

ヒロイックアゲンはオーシャンSで「ハイブリッド指数」=《67》をマークして4着、美浦・坂路で「追切指数」=《43》をマーク、ロードアルティマ産駒は新潟の芝の短距離~マイルの成績&回収率が上々。


ヒロイックアゲン

その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■函館記念の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


カフェファラオは8戦5勝&4着以下3回、フェブラリーSで「ハイブリッド指数」=《78》をマーク、初芝が最大のポイント。


カフェファラオ

マイネルウィルトスは福島民報杯で「ハイブリッド指数」=《70》をマーク、今回の出走馬の5頭の中では最先着、スクリーンヒーロー産駒は函館の芝の中~長距離の成績が上々。

マイネルウィルトス

ウインイクシードは中山記念で「ハイブリッド指数」=《70》をマーク、オープン&重賞で3着以内が5回、「4角5番手内率」=《77.0%》の先行力が武器。

ウインイクシード

サトノエルドールは巴賞で「ハイブリッド指数」=《66》をマーク、今回の出走馬の6頭の中では最先着、国枝厩舎はオープン&重賞で勝率20.0%&複勝率40.0%と優秀。


サトノエルドール



その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■七夕賞の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。



クレッシェンドラヴはオープン&重賞で4連対、近6走で「ハイブリッド指数」=《70》超えが2回、「追切指数」=《50》超えと優秀。

クレッシェントラヴ

トーラスジェミニは前走&3走前に「ハイブリッド指数」=《70》超え、近3走すべて4角2番手以内、4走連続の馬体減がどうか。

トーラスジェミニ

マウントゴールドはメンバー中で最多の8勝、都大路Sは「レースレベル」=《A》と上々、今回の出走馬の3頭の中では最先着。

マウントゴールド

ヴァンケドミンゴは4走前&6走前に同舞台の重賞で好走、1週目の「追切指数」=《48》と優秀、ルーラーシップ産駒は福島の芝の中~長距離の成績が上々。

ヴァンケドミンゴ


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■ラジオNIKKEI賞の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


ボーデンはデビュー2戦で上がり最速をマーク、近2走は「ハイブリッド指数」=《55》をマーク、ボーデン産駒は福島の芝の中~長距離の成績が微妙。

ボーデン

リッケンバッカーはNHKマイルCで上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」=《60》超え、ロードカナロア産駒は福島の芝の中~長距離の成績が上々。

リッケンバッカー

アサマノイタズラはスプリングSでは今回の出走馬の5頭の中で最先着、手塚厩舎はオープン&重賞で勝率20.8%と優秀、1週前の「追切指数」=《32》と上々。

アサマノイタズラ

ブレイイットサムは3戦2勝&2着1回とパーフェクト連対、近2走は上がり最速をマーク、「レースレベル」=《A》と上々。

ブレイイットサム


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■宝塚記念の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。



クロノジェネシスは国内での近3走すべて「ハイブリッド指数」=《80》超え、バゴ産駒は阪神の芝の中~長距離の成績&回収率が上々、斉藤崇厩舎はオープンの連対率28.8%と上々。

クロノジェネシス

レイパパレは6戦6勝、大阪杯で「ハイブリッド指数」=《77》をマーク、高野厩舎はオープンの勝率22.2%&複勝率45.8と優秀。

レイパパレ

カレンブーケドールはオープン&重賞で7連対、天皇賞・春で今回の出走馬の4頭の中では最先着、近走はすべて「ハイブリッド指数」=《70》超え。

カレンブーケドール

アリストテレスは12戦4勝&2着5回、「4角5番手内率」=《83.0%》の先行力あり、前走&3走前に「ハイブリッド指数」=《72》をマーク。

アリストテレス


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

↑このページのトップヘ