ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の13時頃更新。

カテゴリ: 想定版HB新聞

■七夕賞の想定版


七夕賞の想定
*画像は「ハイブリッド新聞」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


近4年すべて3連複は万馬券決着。10人気以下の馬券絡みも多数。


近年の3連複の配当

七夕賞の近年の3連複の配当 

⇒元記事はコチラから


一昨年は「推定後半3ハロン」1~3位がワン・ツー・スリー。昨年は「推定前半3ハロン」上位で決着している。

近年の「推定3ハロン」
七夕賞の「推定3ハロン分析シート」 
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】


ハンデ戦らしく、2ブロック目以降(=「ハイブリッド指数」7番手以下)が多数。


近年の「HBリスト」

七夕賞の「HBリスト」 


「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、2枠&6枠が3勝でトップタイ、4枠が2勝で次点。7枠&8枠が0勝。平坦小回りコースの2週目で内枠有利。

七夕賞の枠番別成績

ヒートオンビートは近2走はタイトルホルダーが強過ぎた。

「ハイブリッド指数」=《70》
ヒートオンビート(近2走)

オープン&重賞で2着&3着が5回。

「クラス成績」=【0・3・2・2】
ヒートオンビート(「クラス成績」)

距離短縮は好材料。

「距離実績」=【0・2・1・0】
ヒートオンビート(「距離実績」)

友道厩舎は近4開催で2勝&2着3回。

「近4開催の厩舎成績」=【2・3・4・15】、「複勝率」=《37.5%》
ヒートオンビート(友道厩舎)

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、重賞でGⅠ2勝、GⅡ1勝と勝負強い。

年度別成績
友道康夫厩舎

トップページからログイン

→「HBビューワ」→「厩舎成績」
※会員登録(無料)で利用可能

続きを読む

■ラジオNIKKEI賞の想定版


ラジオNIKKEI賞の想定版(ヨコ)
*画像は「ハイブリッド新聞」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


近3年はすべて3連複万馬券の決着。


近年の3連複の配当

ラジオNIKKEI賞の近年の3連複の配当 

⇒元記事はコチラから


昨年は「推定後半3ハロン」1位が勝利。近2年は「推定前半3ハロン」1位が2着に好走している。

近年の「推定3ハロン」
ラジオNIKKEI賞の近年の「推定3ハロン」 
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】


「ハイブリッド指数」1番手が不振。2ブロック目以降(=「ハイブリッド指数」7番手以下)の馬券絡みも多数。


近年の「HBリスト」

ラジオNIKKEI賞の近年の「HBリスト」 

*画像はハイブリッド新聞(ライト版)の「HBリストビューワ」


「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、1枠&2枠で半数の5勝。小回りコースの開幕週で内枠有利。

ラジオNIKKEI賞の枠番別成績

サトノヘリオスはエリカ賞、スプリングSで上がり最速をマークして好走。

上がり最速
サトノヘリオス(上がり最速)

友道厩舎は近4開催で複勝率30%超えと上々。

「近4開催の厩舎成績」=【2・4・3・16】、「複勝率」=《36.0%》
サトノヘリオス(「近4開催の厩舎成績」)

岩田望騎手とのコンビで好成績。

「騎手×厩舎成績」=勝率16.1%&複勝率41.9%(31レース)
サトノヘリオス(「騎手×厩舎成績」)

休み明けで追い切りが軽い点がどうか。

当週&1週前の「追切指数」=《30》未満
サトノヘリオス(「追切指数」)

続きを読む

■宝塚記念の想定版


宝塚記念の想定版(ヨコ)
*画像は「ハイブリッド新聞」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


近5年で3連複万馬券が5回。


近年の3連複の配当

近年の3連複の配当

⇒元記事はコチラから


近3年の勝ち馬は「推定後半3ハロン」2位以内。「推定前半3ハロン」1位が2着&3着に好走。


近年の「推定3ハロン」

近年の「推定3ハロン」

*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

近3年は「ハイブリッド指数」2番手が好走している。


近年の「HBリスト」

「HBリスト」
*画像はハイブリッド新聞(ライト版)の「HBリストビューワ」


「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、宝塚記念の勝ち馬は4角6番手以内→上がり2位以内をマーク。「上がり最速馬」が4勝。同じ阪神内回りコースでも、2000mの大阪杯より上がりが要求される。


過去の宝塚記念の勝ち馬
過去の宝塚記念の傾向

トップページからログイン

→「HBビューワ」→「コース勝ち馬一覧」

※会員登録(無料)で利用可能


⑥タイトルホルダーは天皇賞(春)がハイレベルなメンバー相手に圧勝。


「レースレベル」=《S》、「対戦成績」=「1/5」

タイトルホルダー(天皇賞・春)

阪神コースは2戦2勝と好相性。


「コース実績」=【2・0・0・0】

タイトルホルダー(「コース実績」)

ドゥラメンテ産駒も阪神の芝の中~長距離の成績&回収率が上々。


「血統評価」=成績B&回収率B
タイトルホルダー(ドゥラメンテ産駒)

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、4日目開催の昨年は⑦①②番枠の内枠がワン・ツー・スリー。内枠が不利とはならないか。

宝塚記念の枠番別成績


荒馬場は得意としている。

「稍重~不良の複勝率」(芝・ダ別)=《100%》(3レース)

タイトルホルダー(「稍重~不良の複勝率」)


続きを読む

■ユニコーンSの想定版


ユニコーンSの想定
*画像は「ハイブリッド新聞」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


近2年は10人気以下が馬券絡みして波乱の決着。


近年の3連複の配当

ユニコーンSの近年の3連複の配当

⇒元記事はコチラから


近4年で「推定後半3ハロン」1位が2勝。


近年の「推定3ハロン」

ユニコーンSの近年の「推定3ハロン」
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】


2018~2020年は「ハイブリッド指数」1番手&デムーロ騎手が連対している。


近年の「HBリスト」

ユニコーンSの「HBリスト」
*画像はハイブリッド新聞(ライト版)の「HBリスト」


ジュタロウはダートで4戦2勝&2着1回。

「ダート成績」=【2・1・0・1】
ジュタロウ(「ダート成績」)

同舞台の1勝クラスが1分34秒8の好時計勝ち。

「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《66》
ジュタロウ(前走)

武豊騎手&河内厩舎のコンビは好相性。

「騎手×厩舎成績」=勝率25.0%&複勝率50.0%(8レース)
ジュタロウ(「騎手×厩舎成績」)

高速馬場は得意としている。

「稍重~不良の複勝率」(芝・ダ別)=《100%》(2レース)
ジュタロウ(「稍重~不良の複勝率」)

続きを読む

■エプソムCの想定版


エプソムCの想定(ヨコ)
*画像は「ハイブリッド新聞」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、3枠が最多の3勝、勝率~複勝率すべてトップ。6枠&2枠が2勝ずつで次点。枠による有利・不利はあまりない。

エプソムCの枠番別成績


2年前が3連複70万円超えの大波乱。近3年すべて3連複万馬券決着。


近年の3連複の配当

エプソムCの近年の3連複の配当

⇒元記事はコチラから


昨年は「推定後半3ハロン」1位→3位がワン・ツー。


近年の「推定3ハロン」

エプソムCの「推定3ハロン」
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】


昨年は「ハイブリッド指数」1番手のザダルが勝利。2ブロック目以降(=「ハイブリッド指数」7番手以下)の馬券絡みも多数。


近年の「HBリスト」

エプソムCの「HBリスト」
*画像は「ハイブリッド新聞(ライト版)」


ジャスティンカフェは湘南Sを制してオープン入り。


「レースレベル」=《A》、「ハイブリッド指数」=《68》

ジャスティンカフェ(湘南S)

近2走は断トツの上がりをマーク。


上がり最速(上がり2位に0.7秒差)

ジャスティンカフェ(近2走)

9戦4勝&2着3回の好成績。


「全成績」=【4・3・1・1】

ジャスティンカフェ(「全成績」)

横山典騎手&安田翔厩舎のコンビは好相性。

「騎手×厩舎成績」=勝率12.8%&複勝率38.3%(47レース)
ジャスティンカフェ(「騎手×厩舎成績」)

続きを読む

↑このページのトップヘ