ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の13時頃更新。

2023年09月

■スプリンターズSの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。



ナムラクレアはオープン&重賞で5勝、「ハイブリッド指数」=《73》はG1でも通用、キーンランドCで上がり最速をマークしてV。

ナムラクレア

ママコチャは安土城Sが「ハイブリッド指数」=《72》とハイレベル、レース全体のラスト2ハロンが秀逸、池江厩舎は中山の芝の複勝率50%と優秀。

ママコチャ

ジャスパークローネは2走前は「追切指数」=《50》と秀逸、近2走は「ハイブリッド指数」=《70》をマーク、今回の出走馬の中で最先着。

ジャスパークローネ

アグリはオープン&重賞で3戦2連対、4走前の阪急杯が「ハイブリッド指数」=《72》とハイレベル、セントウルSで上がり最速をマーク。

アグリ


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから


【中山12R・3歳上2勝クラス

⑪ムーヴは近3走すべて上がり最速をマーク。

上がり最速
中山12R

2勝クラスでも末脚は通用するはず。

「推定後半3ハロン」1位
中山12R3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

三浦騎手は中山の芝の勝ち数が1位と優秀。

「騎手の該当競馬場の成績」=勝ち数4位、勝率12.6%&複勝率32.1%(190レース)
中山12R2



【中山11R・オールカマー(G2)】

②タイトルホルダーは日経賞がハイレベル。


「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《81》

タイトルホルダー(日経賞)

中山コースで4勝をあげている。


「コース実績」=【4・1・0・4】

タイトルホルダー(「コース実績」)

ドゥラメンテ産駒は中山の芝の中~長距離の成績&回収率が上々。


「血統評価」=成績B&回収率B

タイトルホルダー(ドゥラメンテ産駒)

⑥ジェラルディーナは牡馬相手でも末脚は互角以上。


「推定後半3ハロン」1位

「推定3ハロン分析シート」オールカマー

*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

斉藤崇厩舎は近4週で複勝率40%超えと好調。


「近4開催の厩舎成績」=【3・1・4・9】、「複勝率」=《47.1%》

ジェラルディーナ(斉藤崇厩舎)



阪神11R・神戸新聞杯(G2)

③サトノグランツは京都新聞杯が瞬発力勝負。

「レースラップのラスト3ハロン」=11.3秒-11.2秒-11.4秒
サトノグランツ(上がり2位)

ダービーでも上位の上がりをマーク。

上がり2位
サトノグランツ(ダービー)

「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」に書いたとおり、同舞台の川田騎手、友道厩舎の勝率はトップ。


「騎手=◎、厩舎=◎」
サトノグランツ(サンスポ)

*画像は「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」


ダービー出走組が多数でハイレベル。

「基準ハイブリッド指数」超え(背景色グレー)=7頭
「基準ハイブリッド指数」神戸新聞杯
*画像はリニューアル版の「データシート」
(見方はコチラ



【阪神10R・道頓堀S(3歳上3勝クラス)】

⑦ヒルノローザンヌは現級で4戦して2着2回。

「クラス成績」=【0・2・0・2】
阪神10R2

前走が好時計決着の2着。

「レースレベル」=《A》、「ハイブリッド指数」=《63》
阪神10R

西村厩舎&松山騎手は複勝率50%超えと好相性。

「騎手×厩舎成績」=勝率12.5%&複勝率58.3%(24レース)
阪神10R3


↑このページのトップヘ