ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の13時頃更新。

2022年05月


武豊騎手】

ドウデュースでダービー6勝目を達成。

年度別成績
武豊騎手

今年はGⅠで複勝率40%と好調。大舞台での勝負強さは相変わらず。

今年のGⅠ成績
武豊騎手2
トップページからログイン
→「HBビューワ」→「騎手成績」
※会員登録(無料)で利用可能


■安田記念の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


シュネルマイスターは国内のオープン&重賞では5戦すべて3着以内、近2走は上がり2位以内をマーク、マイルCSは今回の出走馬の6頭の中では最先着。

シュネルマイスター

イルーシヴパンサーは近走はすべて上がり最速をマーク、久保田厩舎はオープン&重賞で連対率30%超え、1週前の「追切指数」=《46》と優秀。

イルーシヴパンサー

ソウルラッシュは一戦ごとに「ハイブリッド指数」が急上昇、マイラーズCで上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」=《73》をマーク。

ソウラッシュ

ダノンザキッドはマイルCSで「ハイブリッド指数」=《74》とハイレベル、オープン&重賞で2勝&3着2回、安田隆行厩舎はダイアトニックとの2頭出し。

ダノンザキッド


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから


【安田記念の枠番別成績】

昨年は7枠⑪ダノンキングリが初GⅠ制覇。5枠が最多の4勝、7枠が3勝で次点。勝率は外枠の方が高く、複勝率は内外で大差ない。

安田記念の枠番別成績


過去1着馬の前走HB指数+制覇までの近4走を見ると

2021/勝利馬
前走HB指数:52
2020/天皇賞(秋)12着
CapD20220601
CapD20220601_1
前走まで
平均指数:65.6 11戦 
最高指数:76(2回)

2020/勝利馬
前走HB指数:74
2020/高松宮記念2着
CapD20220601_2
CapD20220601_3
前走まで
平均指数:65.0 7戦 
最高指数:75

2019/勝利馬
前走HB指数:71
2019/マイラーズC4着
CapD20220601_4
CapD20220601_5
前走まで
平均指数:59.2 9戦 
最高指数:74


2018/勝利馬
前走HB指数:72
2018/安土城S2着
CapD20220601_6
CapD20220601_7
前走まで
平均指数:61.7 10戦
最高指数:72(3回)


2017/勝利馬
前走HB指数:65
2017/京王杯SC9着
CapD20220601_8
CapD20220601_9
前走まで
平均指数:62.3 22戦 
最高指数:76


2016/勝利馬
前走HB指数:71
2016/ダービー卿CT2着
CapD20220601_10
CapD20220601_11
前走まで
平均指数:61.4 22戦 
最高指数:73(2回)


2015/勝利馬
前走HB指数:75
2015/ダービー卿CT1着
CapD20220601_12
CapD20220601_13
前走まで
平均指数:53.7 10戦 
最高指数:75


3Fシートで結果を見ると
CapD20220601_1
CapD20220601_2
CapD20220601_3

左から順に
「馬番・馬名・HB指数・単勝人気・着順」
の順番表記

画面左側が
【推定前半3ハロン】
画面右側が
【推定後半3ハロン】



◆過去傾向
近4年連続、推定前半3ハロン2位以内が馬券圏内に
②勝ち馬の前走指数は平均68.5
③勝ち馬の平均HB指数は17/モーリスの53.7以上で7年アベレージは61.2

◆過去7年データ
HB指数
CapD20220601_4

単勝人気別
CapD20220601_5


騎手
CapD20220601


厩舎
CapD20220601_1


馬主
CapD20220601_2


種牡馬
CapD20220601_3
続きを読む


【東京12R・目黒記念(G2)】

⑰パラダイスリーフはサンシャインSが強い勝ち方。

「レースレベル」=《A》、「ハイブリッド指数」=《67》
hc05222c12-10

木村厩舎は近4週も複勝率50%超えと好調。

「近4開催の厩舎成績」=【6・2・1・9】、「複勝率」=《50.0%》
パラダイスリーフ(木村厩舎)

ルメール騎手が騎乗するのは好材料。

「騎手の該当競馬場の成績」=勝ち数1位、勝率30.1%&複勝率65.9%(246レース)
パラダイスリーフ(ルメール騎手)

⑩ディアマンミノルは大阪-ハンブルクCで断トツの上がりをマーク。

上がり最速(上がり2位に0.9秒差)
hc05222c12-13

同5枠の⑩プリマヴィスタも配当妙味あり。

5枠+「ハイブリッド指数」上位+人気薄
5枠の2頭


↑このページのトップヘ