ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の13時頃更新。

2020年11月

■チャンピオンズCの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


クリソベリルは9戦8勝、帝王賞が「ハイブリッド指数」=《80》超え、ゴールドアリュール産駒はダートの中~長距離の成績が上々。


クリソベリル

カフェファラオは5戦4勝、ユニコーンSで「ハイブリッド指数」=《70》超え、「追切指数」も上々。


カフェファラオ

チュウワウィザードはオープンで4戦3連対、川崎記念で上がり最速をマーク、近走は「ハイブリッド指数」=《75》超え。


チュウワウィザード

サンライズノヴァはオープン。で7勝、プロキオンS&武蔵野Sで上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」=《75》をマーク。


サンライズノヴァ


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから


【「HB新聞(ライト版)」+「HBリスト」の販売開始】

⇒サイトでの閲覧方法はコチラから
⇒コンビニでの購入方法はコチラから

CapD20200908_4
【「HB新聞(ライト版)のサンプル】
・タテ版 (カラー 白黒
・ヨコ版 (カラー 白黒

【「HBリスト」のサンプル】
全場版
競場別版

⇒サイトでの閲覧方法はコチラから
⇒コンビニでの購入方法はコチラから




【高知ナイター競馬】

●マキシマム競馬競馬(1日・1場=500円)
11月29日(日)分を販売中
マキシマム競馬新聞
⇒PDF版の購入はコチラから
⇒コンビニ版の購入方法はコチラから
*新聞の見方(HTML PDF





【阪神12R・京阪杯(G3)】

⑪シヴァージはラストは堅実に伸びてくる。

近5走すべて上がり最速
lhc09205912-13

差し届く馬場&展開となるかどうか。

「推定後半3ハロン」1位
「推定3ハロン」シヴァージ

⑧ジョーカナチャンはスピードの絶対値の高さは現役でも上位。

「推定前半3ハロン」1位
ジョーカナチャン(「推定前半3ハロン」1位)

単騎逃げなら侮れない。

「脚質データ」=◎逃げ

「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」に書いたとおり、同舞台の高野厩舎の成績がよい。5枠2頭はどちらかは馬券絡みするか。


「厩舎=◎」

フィアーノロマーノ&リバティハイツ(高野厩舎)
*画像は「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」





【東京12R・ジャパンC(G1)】

②アーモンドアイは最多の芝GⅠ8勝を達成。


「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《82》

アーモンドアイ(天皇賞・秋)


中3週で状態は良好。


「追切指数」=《44》、「追切評価」=《A》

アーモンドアイ(「追切指数」)


⑥コントレイルは7戦7勝。矢作厩舎はリーディング1位。


「リーディング順位」=1位、「厩舎評価」=《B》

コントレイル(矢作厩舎)

高速馬場のダービーがもっとも高いパフォーマンス。


「馬場レベル」=《○》、「ハイブリッド指数」=《74》

コントレイル(ダービー)


⑤デアリングタクトは秋華賞で春からの成長を披露。


「ハイブリッド指数」=《71》

デアリングタクト(秋華賞)


同じ長距離輸送のオークス時より調教時計は優秀。


「追切指数」=《48》、「追切評価」=《A》

デアリングタクト(「追切指数」)


果たしてどの馬がもっとも速い上がりを繰り出すか。


「脚質データ」

「脚質データ」ジャパンC

*画像は「ハイブリッド新聞(ライト版)」の上部

続きを読む

■ジャパンCを攻略するツボ■


ジャパンC2
*画像は「ハイブリッド新聞(スタンダード版)」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ

昨年は前後半5傑入りのスワーヴリチャードが1着。近6年で「推定後半3ハロン」1位は3連対。3着以内の半数の8頭が「推定後半3ハロン」1~3位に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

「データパック」ジャパンC
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

②アーモンドアイの前走・天皇賞(秋)はスローペースからの瞬発力勝負。


「レースラップのラスト3ハロン」=10~11秒台

hc05205912


ラストは堅実に伸びてくる。


「上がり3位内率」=《85.0%》

hc05205912-2


国枝厩舎は近4週の芝で4勝&2着6回と好調。


「近4開催の厩舎成績」=【4・6・1・17】

hc05205912-3


ルメール騎手とのコンビで勝率30%、複勝率60%と優秀。

「騎手×厩舎成績」=勝率30%&複勝率60%
hc05205912-4

ノーザンファーム系で引退レースでメイチで仕上げてくるはず。

上の「+」:生産牧場の「ノーザンF」
下の「+」:馬主の「サンデーレーシング」「キャロットファーム」「シルクレーシング」

アーモンドアイ(「社台系」)
*画像はリニューアル版の「データシート」
(見方はコチラ

続きを読む

■ジャパンCを攻略するツボ■


ジャパンC2
*画像は「ハイブリッド新聞(ライト版)」

【「HB新聞(ライト版)のサンプル】
・タテ版 (カラー 白黒
・ヨコ版 (カラー 白黒

「ハイブリッド指数」1番手は4頭が3着以内。近5年の勝ち馬は「ハイブリッド指数」4番手以内に該当している。

近6年の「HBリスト」

「HBリスト」ジャパンC
「HBリスト」の説明書

【「HBリスト」のサンプル】
全場版 ・競場別版

②アーモンドアイは最多の芝GⅠ8勝を達成。


「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《82》

アーモンドアイ(天皇賞・秋)


中3週で状態は良好。


「追切指数」=《44》、「追切評価」=《A》

アーモンドアイ(「追切指数」)


2400mはオークス、一昨年のジャパンCで強い勝ち方。


「距離実績」=【2・0・0・0】

アーモンドアイ(「距離実績」)



続きを読む

■京阪杯を攻略するツボ■


京阪杯2
*画像は「ハイブリッド新聞(ライト版)」

【「HB新聞(ライト版)のサンプル】
・タテ版 (カラー 白黒
・ヨコ版 (カラー 白黒

14~16年まで「推定前半3ハロン」1位が3年連続して連対。「推定前半3ハロン」、「推定後半3ハロン」は傾向的にはイーブンか。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

「データパック」京阪杯
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

近5年で「ハイブリッド指数」3番手以内で計6連対。2ブロック目以降(=「ハイブリッド指数」7番手以下)の馬券絡みも多数。


近6年の「HBリスト」

「HBリスト」京阪杯
「HBリスト」の説明書

【「HBリスト」のサンプル】
全場版 ・競場別版

③レッドアンシェルはオープンで4勝。

「クラス成績」=【4・1・2・7】
lhc09205912

北九州記念が上々のレベル。

「ハイブリッド指数」=《73》
lhc09205912-2

GⅢでは実力上位の1頭。

「ハイブリッド指数」1番手
レッドアンシェル(「ハイブリッド指数」)

幸騎手、庄野厩舎のコンビがどうか。

「騎手評価」=《B》、「厩舎評価」=《B》
lhc09205912-3



続きを読む

↑このページのトップヘ