■宝塚記念の想定版


宝塚記念の想定版(ヨコ)
*画像は「ハイブリッド新聞」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


近5年で3連複万馬券が5回。


近年の3連複の配当

近年の3連複の配当

⇒元記事はコチラから


近3年の勝ち馬は「推定後半3ハロン」2位以内。「推定前半3ハロン」1位が2着&3着に好走。


近年の「推定3ハロン」

近年の「推定3ハロン」

*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

近3年は「ハイブリッド指数」2番手が好走している。


近年の「HBリスト」

「HBリスト」
*画像はハイブリッド新聞(ライト版)の「HBリストビューワ」


「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、宝塚記念の勝ち馬は4角6番手以内→上がり2位以内をマーク。「上がり最速馬」が4勝。同じ阪神内回りコースでも、2000mの大阪杯より上がりが要求される。


過去の宝塚記念の勝ち馬
過去の宝塚記念の傾向

トップページからログイン

→「HBビューワ」→「コース勝ち馬一覧」

※会員登録(無料)で利用可能


⑥タイトルホルダーは天皇賞(春)がハイレベルなメンバー相手に圧勝。


「レースレベル」=《S》、「対戦成績」=「1/5」

タイトルホルダー(天皇賞・春)

阪神コースは2戦2勝と好相性。


「コース実績」=【2・0・0・0】

タイトルホルダー(「コース実績」)

ドゥラメンテ産駒も阪神の芝の中~長距離の成績&回収率が上々。


「血統評価」=成績B&回収率B
タイトルホルダー(ドゥラメンテ産駒)

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、4日目開催の昨年は⑦①②番枠の内枠がワン・ツー・スリー。内枠が不利とはならないか。

宝塚記念の枠番別成績


荒馬場は得意としている。

「稍重~不良の複勝率」(芝・ダ別)=《100%》(3レース)

タイトルホルダー(「稍重~不良の複勝率」)



④エフフォーリアはオープン&重賞で崩れたのは前走のみ。

「クラス成績」=【4・1・0・1】
エフフォーリア(「クラス成績」)

天皇賞(秋)、有馬記念がハイレベル。

「レースレベル」=《A》
エフフォーリア(馬体増)

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、横山武騎手は先週は5勝、複勝率50%超え。

先週の成績
横山武史騎手
トップページからログイン
→「HBビューワ」→「騎手成績」
※会員登録(無料)で利用可能

鹿戸厩舎とのコンビは好相性。

「騎手×厩舎成績」=勝率18.5%&複勝率51.9%(27レース)
エフフォーリア(「騎手×厩舎成績」)

近3走は馬体増。

馬体増
エフフォーリア(馬体増)

今回は調教量を増やして馬体を絞ってきた感。

宝塚記念の調教後の馬体重

⑮ディープボンドは常に高いパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《75》超え
ディープボンド(「ハイブリッド指数」)

阪神コースは5戦してパーフェクト連対。

「コース実績」=【2・3・0・0】
ディープボンド(「コース実績」)

和田竜騎手も阪神の芝は好成績。

「騎手の該当競馬場の成績」=勝ち数4位、勝率9.3%&複勝率33.9%(236レース)
ディープボンド(和田竜騎手)

1週前にCWで好時計をマークして好仕上がり。

1週前の「追切指数」=《40》
ディープボンド(「追切指数」)

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、大久保厩舎は阪神の芝で複勝率40%超え。

阪神・芝の成績
大久保龍志厩舎2

トップページからログイン

→「HBビューワ」→「厩舎成績」
※会員登録(無料)で利用可能

⑪パンサラッサは中山記念がハイペースで逃げ切り勝ち。

前後半35.2秒-37.3秒(前傾2.1秒のハイペース)
パンサラッサ(中山記念)

今回も先手を主張するはず。

「推定前半3ハロン」1位
パンサラッサ(「推定前半3ハロン」1位)

距離延長が課題。

「距離実績」=【0・0・0・1】
パンサラッサ(「距離実績」)

⑱ポタジェは大阪杯で初GⅠ制覇。

「レースレベル」=《B》、「ハイブリッド指数」=《75》
ポタジェ(大阪杯)

阪神コースは4戦3勝&2着1回とパーフェクト連対。

「コース実績」=【3・1・0・0】
ポタジェ(「コース実績」)

友道厩舎は阪神の芝の勝ち数が2位と多い。

「厩舎の該当競馬場の成績」=勝ち数2位、勝率14.9%&複勝率43.0%
ポタジェ(友道厩舎)

⑬アリーヴォは初GⅠ挑戦の大阪杯で上がり最速をマークして3着。

上がり最速
アリーヴォ(上がり最速)

芝では一度しか崩れていない。

「芝成績」=【5・1・3・1】
アリーヴォ(「芝成績」)

杉山厩舎は⑦デアリングタクトとの2頭出し。

2頭出し以上は「*」で表示
デアリングタクト(杉山厩舎)

松山騎手とのコンビは好相性。

「騎手×厩舎成績」=勝率15.6%&複勝率44.4%(45レース)
デアリングタクト(「騎手×厩舎成績」)

長期休養明けの前走が大幅馬体増。

「ローテーション」=中54週、「馬体重」=486k(+22)
デアリングタクト(馬体増)

1週前にCWで好時計をマークして大幅に良化。

1週前の「追切指数」=《54》
デアリングタクト(「追切指数」)

①オーソリティはオープン&重賞で4勝。

「クラス成績」=【4・2・1・3】
オーソリティ(「クラス成績」)

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、ルメール騎手は芝の勝ち数は1位へ浮上。

芝の勝ち数ランキング
ルメール騎手
トップページからログイン
→「HBビューワ」→「騎手成績」
※会員登録(無料)で利用可能

木村厩舎は近4週で複勝率50%と好調。

「近4開催の厩舎成績」=【5・3・3・11】、「複勝率」=《50.0%》
オーソリティ(木村厩舎)

【新聞項目の説明】
ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ





■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】を会員ページ内にて公開中です。

トップページからログイン

想定版の入り口