■ユニコーンSの想定版


ユニコーンSの想定
*画像は「ハイブリッド新聞」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


近2年は10人気以下が馬券絡みして波乱の決着。


近年の3連複の配当

ユニコーンSの近年の3連複の配当

⇒元記事はコチラから


近4年で「推定後半3ハロン」1位が2勝。


近年の「推定3ハロン」

ユニコーンSの近年の「推定3ハロン」
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】


2018~2020年は「ハイブリッド指数」1番手&デムーロ騎手が連対している。


近年の「HBリスト」

ユニコーンSの「HBリスト」
*画像はハイブリッド新聞(ライト版)の「HBリスト」


ジュタロウはダートで4戦2勝&2着1回。

「ダート成績」=【2・1・0・1】
ジュタロウ(「ダート成績」)

同舞台の1勝クラスが1分34秒8の好時計勝ち。

「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《66》
ジュタロウ(前走)

武豊騎手&河内厩舎のコンビは好相性。

「騎手×厩舎成績」=勝率25.0%&複勝率50.0%(8レース)
ジュタロウ(「騎手×厩舎成績」)

高速馬場は得意としている。

「稍重~不良の複勝率」(芝・ダ別)=《100%》(2レース)
ジュタロウ(「稍重~不良の複勝率」)


リメイクは昇竜S、端午Sとオープンを2連勝。

「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《66》
リメイク(「レースレベル」=《S》)

ラニ産駒は東京のダートの短距離~マイルの成績&回収率が上々。

「血統評価」=成績B&回収率B
リメイク(ラニ産駒)

新谷厩舎は東京のダートで複勝率40%超えと優秀。。

「厩舎の該当競馬場の成績」=勝ち数42位、勝率33.3%&複勝率41.7%
リメイク(新谷厩舎)

距離延長がポイント。

「距離実績」=【0・0・0・0】
リメイク(「距離実績」)

ハセドンはダートで3戦3勝。

「ダート成績」=【3・0・0・0】
ハセドン(「ダート成績」)

青竜Sで断トツの上がりをマークして、今回の出走馬の5頭の中で最先着。

上がり最速(上がり2位に0.6秒差)、「対戦成績」=「1/5」
ハセドン(青竜S)

ラストは堅実に伸びてくるタイプ。

「上がり3位内率」=《100%》
ハセドン(「上がり3位内率」)

安田翔厩舎&横山典騎手とのコンビは好相性。

「騎手×厩舎成績」=勝率12.5%&複勝率37.5%(48レース)
ハセドン(「騎手×厩舎成績」)
出遅れは想定しておきたい。

「出遅れ率」=《75.0%》
ハセドン(「出遅れ率」)

ヴァルツァーシャルもラストは堅実に伸びてくるタイプ。


上がり2位

ヴァルツァーシャル(上がり2位)

高木厩舎は2頭出しでの参戦。

2頭出し以上は「*」で表示
ヴァツツォーシャル(2頭出し以上は「*」で表示)

三浦皇騎手は東京のダートの勝ち数が4位と優秀。

「騎手の該当競馬場の成績」=勝ち数4位、勝率10.6%&複勝率29.8%(208レース)
ヴァツツォーシャル(三浦騎手)

コンバスチョンはヒヤシンスSを好時計勝ち。

「レースレベル」=《A》、「ハイブリッド指数」=《62》
コンバスチョン(ヒヤシンスS)

中央のダートは3戦3勝と負けなし。

「ダート成績」=【3・0・0・0】
コンバスチョン(「ダート成績」)

海外遠征帰りでも仕上がり良好。

当週の「追切指数」=《35》

コンバスチョン(「追切指数」)

ペイシャエスは3走前&2走前がハイレベル。


「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《67》

ペイシャエス(「レースレベル」=《S》)

小西一厩舎は近4週で複勝率40%超えと好調。


「近4開催の厩舎成績」=【1・4・1・7】、「複勝率」=《46.2%》

ペイシャエス(小西一厩舎)

菅原明騎手とのコンビは好相性。


「騎手×厩舎成績」=勝率37.5%&複勝率75.0%(46.2レース)

ペイシャエス(「騎手×厩舎成績」)


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ






■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】を会員ページ内にて公開中です。

トップページからログイン

想定版の入り口