【中山11R・AJCC(G2)】

⑪オーソクレースは菊花賞で2着と善戦。

「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《65》
オーソクレース(菊花賞)

ルメール騎手は中山の芝の勝ち数がもっとも多い。

「騎手の該当競馬場の成績」=勝ち数1位、勝率23.2%&複勝率43.2%(95レース)
オーソクレース(ルメール騎手)

デビューから3着を外していない。

「複勝率」=《100%》
オーソクレース(複勝率)

エピファネイア産駒は中山の芝の中~長距離の成績&回収率が上々、

「血統評価」=成績B、回収率B
オーソクレース

トップページからログイン
→「HBビューワ」→「当週HBビューワ」

※スタンダード版(有料)で利用可能

スタートがカギとなる。

「出遅れ率」=《40.0%》
オーソクレース(「出遅れ率」)

⑥ポタジェは相手なりに走れるタイプ。

「クラス成績」=【1・2・2・1】
ポタジェ(「クラス成績」)

近3走すべて今回の出走馬では最先着している。

「対戦成績」
ポタジェ(最先着)

天皇賞(秋)は瞬発力勝負で6着。

「レースラップのラスト3ハロン」=11.1秒-11.1秒-11.4秒
ポタジェ(天皇賞・秋)

上位3頭はすべて次走で勝利とハイレベル。

1~3着馬の「次走成績」
ポタジェ

トップページからログイン
→「HBビューワ」→「当週HBビューワ」

※スタンダード版(有料)で利用可能