ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の13時頃更新。

【中京7R・4歳上1勝クラス】

⑥スワーヴエルメは青葉賞で5着と善戦。

「ハイブリッド指数」=《56》

中京7R

長期休養明けで大幅馬体増の前走を使って順当に勝ち負け。

「馬体重」=526k(+22)

中京7R2

川田騎手への乗り替わりは問題なし。

「リーディング順位」=1位、「騎手評価」=《S》
中京7R3

7R以降も有力馬が多数。

川田騎手+「ハイブリッド指数」1番手
中京7R0

「HBリスト」の説明書

【「HBリスト」のサンプル】
全場版 ・競場別版



【中京4R・3歳1勝クラス】

⑦ペプチドアケボシの前走は同舞台の新馬戦の最速タイム。

同週の同舞台の勝ち時計

中京4R
トップページからログイン

→「HBビューワ」→「コース勝ち馬一覧」

※会員登録(無料)で利用可能


レースレベルは高い。

「ハイブリッド指数」=《48》

中京4R2

1勝クラスでも実力は通用するはず。

「ハイブリッド指数」3番手

中京4R3




【中山1R・3歳未勝利】

⑫サカエショウの近2走は相手に恵まれての好走。

「レースレベル」=《C》

中山1R

予想1人気は過剰人気を想定。

「ハイブリッド指数」ノーマーク、予想1人気

中山1R2

②ダルダヌスの方が上。

「ハイブリッド指数」1番手、「騎手評価」=《A》

中山1R3

ルメール騎手は1Rから有力馬が多数。

ルメール騎手+「ハイブリッド指数」上位
中山1R0

「HBリスト」の説明書

【「HBリスト」のサンプル】
全場版 ・競場別版




【中京1R・3歳未勝利】

⑦サザンステートは芝の新馬戦で2着。

「ハイブリッド指数」=《35》

中京1R

松永幹厩舎はダートの複勝率が優秀。初ダートで変わり身を一考。

「厩舎評価」=《A》、「初ダ」

中京1R2

ダート既走馬では⑥モズミツボシ&⑧モディカの2頭。

「ハイブリッド指数」上位+「推定3ハロン」1位

中京1R3

松山騎手は有力馬が多数。

松山騎手+「ハイブリッド指数」上位
中京1R0

「HBリスト」の説明書

【「HBリスト」のサンプル】
全場版 ・競場別版




【中舘英二厩舎】

先週はオープンのジャニュアリーSをアポロビビで勝利。

今年の成績
中舘英二厩舎

関東厩舎では複勝率53.8%でトップ。

厩舎の複勝率ランキング
中舘英二厩舎2

例年も複勝率は高い。

年度別成績
中舘英二厩舎3
トップページからログイン
→「HBビューワ」→「厩舎成績」
※会員登録(無料)で利用可能




【中京競馬場の芝の馬場傾向(先週の日曜)】

土曜&日曜を含めて、7枠&8枠が0勝。

枠番別成績

中京の芝の馬場傾向

2~6番枠の好走が多い。内枠が優勢。

馬番別成績
中京の芝の馬場傾向2

トップページからログイン
→「HBビューワ」→「当週馬場傾向」

※会員登録(無料)で利用可能





【菅原明良騎手】

デビュー3年目の昨年は75勝と大きく飛躍。

年度別成績
菅原明良騎手2

京成杯をオニャンコポンで制覇。先週は23レースに騎乗して4勝。

先週の成績
菅原明良騎手3

今年は7勝でリーディング4位と大健闘。

騎手リーディング
菅原明良騎手
トップページからログイン
→「HBビューワ」→「騎手成績」
※会員登録(無料)で利用可能




【明日の「HBリスト」】

明日は以下の騎手に有力馬が多数。
※2020年9月から有料となっております。(⇒詳細はコチラ

中山…①ルメー騎手 ②横山武騎手
中京…①川田将騎手 ②松山弘騎手
小倉…①横山和騎手 ②小沢大騎手

・「HBリスト」(全場版)
「HBリスト」1

・「HBリスト」(場別版)
「HBリスト」2

・「HBリストビューワ」
「HBリスト」3

④ライト版の番組表
「HBリスト」4
⇒サイトでの閲覧方法はコチラから
⇒コンビニでの購入方法はコチラから



■AJCCの想定版


AJCCの想定
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、1枠のみが0勝。1~4枠が4勝、5~8枠が6勝とやや外枠が優勢。

AJCCの枠番別成績

オーソクレースは菊花賞で2着と善戦。

「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《65》
オーソクレース(菊花賞)

ルメール騎手は中山の芝の勝ち数がもっとも多い。

「騎手の該当競馬場の成績」=勝ち数1位、勝率23.2%&複勝率43.2%(95レース)
オーソクレース(ルメール騎手)

デビューから3着を外していない。

「複勝率」=《100%》
オーソクレース(「重馬場適性」)

エピファネイア産駒は中山の芝の中~長距離の成績&回収率が上々、

「血統評価」=成績B、回収率B
オーソクレース

トップページからログイン
→「HBビューワ」→「当週HBビューワ」

※スタンダード版(有料)で利用可能

スタートがカギとなる。

「出遅れ率」=《40.0%》
オーソクレース(「出遅れ率」)

続きを読む

21年リーディング各上位を紐解く…できる限り💦??

騎手リーディング21年/29位
CapD20220121_2

続きを読む

■AJCCの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


オーソクレースはデビューから5戦すべて3着以内、菊花賞で「ハイブリッド指数」=《65》をマーク、エピファネイア産駒は中山の芝の中~長距離の成績&回収率が上々、「出遅れ率」は《40.0%》と高い。

オーソクレース

ポタジェはオープン&重賞で6戦して3着以内が5回、天皇賞(秋)の上位3頭は次走ですべて勝利とハイレベル、近4戦中で3戦が「ハイブリッド指数」=《70》をマーク。

ポタジェ

ボッケリーニは近6走すべて「ハイブリッド指数」=《60》台後半をマーク、金子真人ホールディングスは2頭出しでの参戦、近2走は上がり3位以内をマーク。

ボッケリーニ

アサマノイタズラはセントライト記念&菊花賞で上がり最速をマーク、手塚厩舎は2頭出しでの参戦、ヴィクトワールピサ産駒は中山の芝の中~長距離の回収率が優秀。

アサマノイタズラ


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

↑このページのトップヘ