ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の13時頃更新。

■マキシマム競馬新聞を公開中■


マキシマム競馬新聞(1日=500円)
2月5日(日)分を販売中
門別
⇒PDF版の購入はコチラから
⇒コンビニ版の購入方法はコチラから
*新聞の見方(HTML PDF


⇒マキシマム競馬新聞のブログはコチラから


【東京11R・東京新聞杯(G3)】

④ピンハイは西宮Sがハイレベル。


「レースレベル」=《A》、「ハイブリッド指数」=《67》

ピンハイ(西宮S)


距離短縮は好材料。


「距離実績」=【0・1・0・1】

ピンハイ(「距離実績」)



【京都11R・きさらぎ賞(G3)

②フリームファクシは2000mで3戦2勝&2着1回。

「距離実績」=【2・1・0・0】
フリームファクシ(「距離実績」)

2戦目の未勝利戦のレースラップのラストが優秀。

「レースラップのラスト3ハロン」=11.8秒-11.3秒-11.3秒
フリームファクシ(2走前)

前走の1勝クラスは今回の出走馬に先着して勝利。

「ハイブリッド指数」=《55》、「対戦成績」=「1/3」
フリームファクシ(前走)

川田騎手は中京の芝の勝ち数が1位と優秀。

「騎手の該当競馬場の成績」=勝ち数1位、勝率33.3%&複勝率62.7%(102レース)

フリームファクシ(川田騎手)




【東京10R・銀蹄S(4歳上3クラス)】

②イグザルトは4走前の2勝クラスが超ハイレベル。

「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《66》
東京10R

昇級後の近3走とは調教が一変。

当週&1週前の「追切指数」=《31》《43》
東京10R2

田中剛厩舎&M.デムーロ騎手のコンビは好相性。

「騎手×厩舎成績」=勝率%8.3&複勝率54.2%(24レース)
東京10R3



【小倉7R・3歳未勝利

④ラレーヌデリスは新馬戦が好ラップ&上がり最速をマークして2着。

上がり最速、「レースラップのラスト3ハロン」=11.6秒-11.2秒-11.1秒
小倉7R2

今回もラストは鋭く伸びてくるはず。

「ハイブリッド指数」1番手&「推定後半3ハロン」1位
小倉7R


↑このページのトップヘ