ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の19時頃更新。

カテゴリ: HBビューワ

■チャンピオンズCの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


クリソベリルは9戦8勝、帝王賞が「ハイブリッド指数」=《80》超え、ゴールドアリュール産駒はダートの中~長距離の成績が上々。


クリソベリル

カフェファラオは5戦4勝、ユニコーンSで「ハイブリッド指数」=《70》超え、「追切指数」も上々。


カフェファラオ

チュウワウィザードはオープンで4戦3連対、川崎記念で上がり最速をマーク、近走は「ハイブリッド指数」=《75》超え。


チュウワウィザード

サンライズノヴァはオープン。で7勝、プロキオンS&武蔵野Sで上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」=《75》をマーク。


サンライズノヴァ


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■ジャパンCの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。



アーモンドアイは最多の芝GⅠ8勝を達成、ヴィクトリアM&天皇賞(秋)で「ハイブリッド指数」=《80》超え、近2走は上がり3位をマーク。

アーモンドアイ

コントレイルは7戦7勝、近4走すべて「ハイブリッド指数」=《70》超え、近2走は上がり2位をマーク。

コントレイル

デアリングタクトは5戦5勝、秋華賞で上がり2位をマーク、「ハイブリッド指数」=《70》台へ到達。

デアリングタクト


グローリーヴェイズは京都大賞典で「ハイブリッド指数」=《75》をマーク、1週前の「追切指数」が《42》超えと優秀、ディープインパクト産駒は東京の芝の中~長距離の成績が上々。


「血統評価」=成績B、回収率C

グローリーヴェイズ


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■マイルCS(+ジャパンCの1週前)の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


グランアレグリアは近3走すべて上がり最速をマーク、近2走は今回の出走馬の中で最先着、「ハイブリッド指数」=《80》と秀逸。

グランアレグリア

サリオスは6戦4勝&2着2回とパーフェクト連対、毎日王冠で「ハイブリッド指数」=《75》をマーク、ハーツクライ産駒は阪神の芝の短距離~マイルの成績が微妙なのがどうか。

サリオス

インディチャンプはオープンで4勝、中山記念が二桁馬体増で成長、近2走は「ハイブリッド指数」=《75》超えをマーク。


インディチャンプ

アドマイヤマーズは安田記念で「ハイブリッド指数」=《73》をマーク、「4角5番手内率」=《72%》、友道厩舎はオープンで複勝率40%超えと優秀。


アドマイヤマーズ



その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■エリザベス女王杯の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


ラッキーライラックはオープンで5勝、大阪杯で上がり2位をマーク、「ハイブリッド指数」=《76》。

ラッキーライラック

ラブズオンリーユーは8戦4勝、近2走は大幅馬体増、「ハイブリッド指数」=《70》が最高。


ラブズオンリーユー


ノームコアは近3走は上がり2位以内をマーク、「ハイブリッド指数」=《70》超えとハイレベル、ハービンジャー産駒は京都の芝の中~長距離の成績が微妙。

ノームコア

センテリュオはオールカマーで「ハイブリッド指数」=《73》をマーク、オープンで初勝利、近3走すべて上がり最速をマーク。

センテリュオ



その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

■京王杯2歳S(+エリザベス女王杯の1週前)の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


リフレイムの前走は上がり最速をマークして1着、「ハイブリッド指数」=《51》をマーク、今回の出走馬の3頭の中では最先着。

リフレイム

モントライゼは3戦1勝&2着2回、すべて上がり最速をマーク、小倉2歳Sで「ハイブリッド指数」=《49》をマーク。

モントライゼ

リンゴアメは函館2歳Sで「ハイブリッド指数」=《49》をマーク、今回の出走馬の3頭の中では最先着、マツリダゴッホ産駒は東京の芝の短距離~マイルの成績が微妙。

リングアメ

ブルーシンフォニーは2戦1勝&2着1回、新潟2歳Sで「ハイブリッド指数」=《47》をマーク、スクリーンヒーロー産駒は東京の芝の短距離~マイルの成績&回収率が上々。

ブルーシンフォニー



その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

↑このページのトップヘ