ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の19時頃更新。

カテゴリ: HBビューワ

■ハイブリッド競馬新聞用の想定版■


HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


レシステンシア…4戦3勝&1回、阪神JFで「ハイブリッド指数」=《68》をマーク、「4角5番手内率」=《100%》の先行力あり。


レシステンシア

クラヴァシュドール…4戦すべて3着以内、すべて上がり2位以内をマーク、チューリップ賞で「ハイブリッド指数」=《62》をマーク。


クヴァシュドール


マルターズディオサ…5戦3勝&2着2回とパーフェクト連対、チューリップ賞で「ハイブリッド指数」=《62》をマーク、キズナ産駒は同舞台の回収率が優秀。


マルターズディオサ

デアリングタクト…エルフィンSで「ハイブリッド指数」=《60》をマーク、2戦ともに上がり最速をマーク、エピファネイア産駒は同舞台の回収率が優秀。


デアリングタクト



その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。



「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

 

■ハイブリッド競馬新聞用の想定版■


HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


ブラストワンピースは12戦7勝、AJCCが「ハイブリッド指数」=《76》、上がり最速をマーク。


ブラストワンピース

ダノンキングリーは8戦5勝、中山記念が4角3番手→上がり3位、「ハイブリッド指数」=《76》。


ダノンキングリー

クロノジェネシスは9戦5勝、京都記念が「ハイブリッド指数」=《76》、上がり最速をマーク。


クロノジェネシス


ワグネリアンは10戦5勝、近3走は「ハイブリッド指数」=《74》超え、「追切指数」=《34》と上々。


ワグネリアン


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。


「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

 

■ハイブリッド競馬新聞用の想定版■


HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


タワーオブロンドンは全7勝、スプリンターズSが「ハイブリッド指数」=《77》、近3走すべて上がり3位以内。


タワーオブロンドン

ダノンスマッシュはオーシャンSで上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」=《77》、中2週でも1週前の「追切指数」=《30》と上々。


ダノンスマッシュ


モズスーパーフレアはスプリンターズSが「ハイブリッド指数」=《75》、近3走すべて4角先頭、1週前の「追切指数」=《40》超えと優秀。


モズスーパーフレア

グランアレグリアは6戦4勝、阪神カップで上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」=《75》と優秀。

グランアレグリア




その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

 

■ハイブリッド競馬新聞用の想定版■


HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


ヴェルトライゼンデは3戦3連対、すべて上がり最速をマーク、ホープフルSが「ハイブリッド指数」=《60》。

ヴェルトライゼンデ

サクセッションは4戦3勝、前走が「ハイブリッド指数」=《54》、1週前の「追切指数」=《48》が優秀。

サクセッション

ファルコニアは4戦4連対、前走が「ハイブリッド指数」が《54》、ディープインパクト産駒は同舞台で好成績。

ファルコニア

アオイクレアトールは4戦すべて3着以内、近3走は上がり2位以内をマーク、前走が「ハイブリッド指数」=《49》。


アオイクレアトール


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。



「HBビューワ」

⇒トップページはコチラから

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

 

■ハイブリッド競馬新聞用の想定版■


HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


ワーケアはホープフルSで「ハイブリッド指数」=《56》をマークして3着、3戦すべて上がり3位以内をマーク、1週前の「追切指数」=《41》と優秀。


ワーケア

サトノフラッグは上がり最速をマークして2連勝、「ハイブリッド指数」的に互角、ディープインパクト産駒は中山の芝の1800m以上の成績が上々。


サトノフラッグ

オーソリティはホープフルSで「ハイブリッド指数」=《53》をマークして5着、4角5番手以内率は《100%》、オルフェーヴル産駒は中山の芝の1800m以上の成績が低調。


オーソリティ


オーロアドーネは初戦の「ハイブリッド指数」=《44》は上々、レースラップのラスト3ハロンすべて11秒台と優秀、エピファネイア産駒は中山の芝の1800m以上の成績が上々。


オーロアドーネ


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。


⇒トップページはコチラから
1_3
⇒トップページはコチラから

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

↑このページのトップヘ