ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の19時頃更新。

カテゴリ: 回顧

■過去10年で8枠が7勝のレース■


上半期のGⅠの「推定後半3ハロン」1位は11戦5勝&2着2回、勝率45%&連対率64%の成績。ラストの宝塚記念は「1着」で締めくくりたい。




阪神11R・宝塚記念(GⅠ)、芝2200m
宝塚記念1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


19年は4角2番手のリスグラシューが1着、1番手のキセキが2着。過去5年の勝ち馬の3頭が4角2番手以内で立ち回っている。その一方、「上がり最速馬」は2勝、2着3回とパーフェクト連対。3着内馬もすべて上がり5位以内をマーク。

CapD20200619_1
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より


17年&19年は上がり1~3位が1~3着を独占。阪神の内回りコースは逃げ&先行馬が有利だが、梅雨の時期で馬場が荒れやすく、上位の上がりで差し届きやすい。道悪適性の高さも問われる。


CapD20200619_2
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より

続きを読む

■枠連「600円」の低配当ながら、3連複は「14320円」の万馬券■


日曜の前半戦は、東京のダートは3レースの勝ち馬は6~8枠、「上がり最速馬」が2勝。外枠の上がりの速いタイプが優勢。

東京の馬場傾向
東京の芝1
→「当週馬場傾向」はコチラから(無料)

一方、函館の芝は4レースすべて「上がり最速馬」が勝利。中団~後方でも差し届いている。果たして函館スプリントSは例年通り、逃げ&先行馬が残れるか。

函館の馬場傾向
函館の芝1
函館の芝2

→「当週馬場傾向」はコチラから(無料)





函館11R・函館スプリントS(GⅢ)、芝1200m
函館スプリントS2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


過去5年の前後半3ハロンの平均は33秒2-34秒6、前半が1秒4も速い。その影響もあってか、16年&17年は軽量50キロの3歳牝馬が勝利。ペースに左右される面は大きいとはいえ、近4年の勝ち馬は4角5番手以内で立ち回っている。

CapD20200613_2
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より


近年は高速決着への対応力も重要。同じ小回りの札幌1200mに舞台が替わっても傾向は変わらないはず。


CapD20200613_1
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より



続きを読む

■馬場悪化時→人気薄の「推定前半3ハロン」上位に注意■


先週のヴィクトリアMは「推定後半3ハロン」1~3位で決着。


ヴィクトリアMの「推定3ハロン」
スクリーンショット 2020-06-08 14.41.30
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】


⑤アーモンドアイが最終的には単勝1.3倍の断然人気なのが…。やはり断然人気からの馬単&3連単の「1着固定」はリスクが高いだけ。馬券的には「2着固定」が妙味あり。


★3連単万馬券★

安田記念の馬券

3連単 112.4×1000円=11万2400円

購入6万8000円 払戻11万2400円



今週は阪神、東京ともに道悪での施行。土曜の東京の芝の5レースの勝ち馬は7枠&8枠で外枠有利。「上がり最速馬」は3勝&3着2回とすべて3着以内。

土曜の東京の芝
東京の芝1

→「当週馬場傾向」はコチラから(無料)



一方、阪神は5レースの勝ち馬は2~4枠で内枠有利。「上がり最速馬」は5戦パーフェクト連対。果たして日曜は傾向が変わるかどうか。

土曜の阪神の芝
阪神の芝1

→「当週馬場傾向」はコチラから(無料)





東京11R・エプソムC(GⅢ)、芝1800m
エプソムC2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


過去5年の前後半3ハロンの平均は36秒4-34秒4、後傾1秒0以上のスローペースが4回もある。その結果、「4角先頭馬」が1勝、2着1回、3着2回と計4頭も馬券絡み。


CapD20200606_1
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より


その一方、「上がり最速馬」は2勝、2着1回。近4年の勝ち馬は上がり4位以内をマーク。16年はルージュバックが上がり32秒8、19年レイエンダが上がり32秒7をマークして勝利。18年は上がり1~3位が1~3着を独占。上がり32~33秒台への対応力が必要。


CapD20200606
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より

続きを読む

■3連単は3連複の約15倍の配当■


ヴィクトリアM、オークス、日本ダービーと「推定後半3ハロン」1位が3連勝中。やはり東京コースは上がり32~33秒台への対応力が必要不可欠。

「推定後半3ハロン」1位&2位がワン・ツー

スクリーンショット 2020-06-01 12.53.56
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】





東京11R・安田記念(GⅠ)、芝1600m
安田記念2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


過去5年で「上がり最速馬」は15年ヴァンセンヌ(2着)、16年フィエロ(3着)、17年サトノアラジン(1着)、18年モズアスコット(1着)、19年アーモンドアイ(1着)とすべて馬券絡み。「4角先頭馬」の馬券絡みはロゴタイプ(16年=1着、17年=2着)のみ。4角10番手以降から4頭も馬券絡み。前半33秒台後半~34秒台前半のハイペースとなりやすく、先行力だけでは押し切れない。勝ち時計は1分30秒台~32秒台前半と速い。

CapD20200530_4


単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より

CapD20200530_2

単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より

続きを読む

■日本ダービー&目黒記念ともに「推定後半3ハロン」1位が1着■


先週のオークスは「推定後半3ハロン」1位の④デアリングタクトが4戦無敗で2冠を達成。いよいよ本日は日本ダービー。5戦無敗でコントレイルが2冠達成なるか。


「推定後半3ハロン」1位=④デアリングタクト
推定3ハロンシート
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】


昨年は「推定前半3ハロン」2位のロジャーバローズが1着で大波乱。今年も人気薄の粘り込みを警戒したい。


「推定前半3ハロン」上位で決着

「推定3ハロン」昨年のダービー

→「HTML版3Fシート」はトップページの中部から





東京11R・日本ダービー(GⅠ)、芝2400m
ダービー2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


近3年の連対馬はすべて4角5番手以内で立ち回っている。近年は馬場の高速化の影響が大きく、以前とは違って直線一気の追い込みは決まっていない。

CapD20200524


近年は皐月賞で展開、馬場が敗因で敗れて、東京の絶好馬場で巻き返すパターンも多い。

CapD20200524_1
単行本
「脚質データ」を使って儲ける時短予想
より

続きを読む

↑このページのトップヘ