ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の19時頃更新。

カテゴリ: レースのツボ

■4月1日(火)からサンスポにて掲載スタート■

サンスポ関西版にて後半4レースの「MX指数」が掲載スタート。

園田スタート1

デビュー戦の9Rは◎⑨イヴリーヌ→○②ナチュラルクリアー→③エイシンアルゴスで決着。3連複3380円&3連単12170円の万馬券。初日は4戦3勝。

【初日の結果】
9R ◎⑨→○②→注③ 3連単 12170円
10R 注⑪→▲②→-①
11R ◎⑤→注①→○③ 3連単 4570円
12R ◎⑦→▲④→○② 3連単 31690円


園田競馬は火曜~木曜開催が通常。次回は4月7日(火)の開催。前日の6日(月)の20時頃からマキシマム競馬新聞を販売しておりますので、JRAと併せてご利用下さいマセ。


●園田、高知、南関東競馬(1日=500円)
マキシマム競馬新聞
⇒PDF版の購入はコチラから
⇒コンビニ版の購入方法はコチラから
*新聞の見方(HTML PDF




■大阪杯を攻略するツボ■


大阪杯1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


GⅠへ昇格後の17年はキタサンブラックが4角2番手から抜け出して快勝。18年はスワーヴリチャードが向正面で後方から捲って、4角先頭で押し切っている。19年アルアインも4角4番手から勝利。その一方、「上がり最速馬」は18年のペルシアンナイト(2着)のみ。近3年の前後半3ハロンの平均は36秒1-35秒0、1秒1の後傾ラップ。内回りコースでGⅠにしてはペースは遅い。近3年で3~6番枠が5連対と内枠有利が顕著。


CapD20200329_3



「脚質チェック」=逃○、先△、差○、追◎
CapD20200329_1

 
 
続きを読む

■ダービー卿CTを攻略するツボ■


ダービー卿CT1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


17年は4角2番手のロジチャリス、19年は4角3番手フィアーノロマーノが先行策から押し切っている。連対馬の半数の5頭が4角2~3番手で立ち回っている。

CapD20200329_2


その一方、「上がり最速馬」は15年モーリス、16年マジックタイム、18年ヒーズインラブと実に3勝もあげている。展開、馬場、ペースに左右される面が大きい。


「脚質チェック」=逃△、先、差○、追い
CapD20200329

 
 続きを読む

■マーチSを攻略するツボ■


ハイペース
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


16年はショウナンアポロンがスローペースで逃げ切ったとはいえ、スタミナが要求される舞台で、ゴール前の急坂で形勢が逆転するケースも多い。10番人気以下が5頭も馬券絡みしている。軽ハンデの差し&追い込み馬には注意したい。


CapD20200322


過去5年で「上がり最速馬」は1勝、3着1回のみだが、連対馬の7頭までが上がり5位以内をマーク。


「脚質チェック」=逃〇、先〇、差△、追×

 CapD20200322_3

単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より


続きを読む

■高松宮記念を攻略するツボ■


高松宮記念1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


差し&追い込み馬が優勢の舞台だが、過去5年の勝ち馬は4角3~6番手で立ち回っている。好位から上位の上がりをマークできるタイプが優勢か。


「脚質チェック」=逃〇、先△、差◎、追〇

 CapD20200322_2

単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より

続きを読む

■毎日杯を攻略するツボ■


毎日杯1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


14年の勝ち馬アルアインは皐月賞をレコード勝ち。17年の勝ち馬ブラストワンピースは有馬記念を制している。このレースを上位の上がりで好走すれば、GⅠで好走できる可能性は高い。

CapD20200322


過去5年で「上がり最速馬」が1勝、2着2回、3着2回とすべて馬券絡み。。差し&追い込み馬が優勢の舞台となっている。


「脚質チェック」=逃×、先△、差◎、追◎

 CapD20200322_1

単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より


続きを読む

↑このページのトップヘ