ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の19時頃更新。

カテゴリ: レースのツボ

■ラジオNIKKEI賞を攻略するツボ■

ラジオNIKKEI賞1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ

過去5年の前後半3ハロンの平均は35秒1-35秒4、すべて前後差が0秒9以内のイーブンペース。4角5番手以内が7連対を占めており、4角10番手以降から連対したのは1頭だけ。


54キロ以下の軽ハンデ馬が6連対している。18年の2着馬フィエールマンは次走で菊花賞を制覇。条件戦を勝ち上がってきた軽ハンデ馬に要注意。

CapD20200627_1
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より続きを読む

■CBC賞を攻略するツボ■

CBC賞1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


過去5年の前後半3ハロンの平均は33秒6-34秒6、前半の方が1秒0も速い。勝ち馬はすべて4角8番手以降から差し切っており、そのなかの3頭が上がり32~33秒台をマークしている

CapD20200627_2

例年の差し&追い込み馬が優勢の中京1200mから、逃げ馬が優勢の阪神内回り1200mに替わって、傾向が大きく変わるかもしれない。

CapD20200627
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より続きを読む

■宝塚記念を攻略するツボ■


宝塚記念1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


19年は4角2番手のリスグラシューが1着、1番手のキセキが2着。過去5年の勝ち馬の3頭が4角2番手以内で立ち回っている。その一方、「上がり最速馬」は2勝、2着3回とパーフェクト連対。3着内馬もすべて上がり5位以内をマーク。

CapD20200619_1
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より


17年&19年は上がり1~3位が1~3着を独占。阪神の内回りコースは逃げ&先行馬が有利だが、梅雨の時期で馬場が荒れやすく、上位の上がりで差し届きやすい。道悪適性の高さも問われる。


CapD20200619_2
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より

続きを読む




【高知ナイター競馬】

土曜から赤岡騎手が復帰

赤岡騎手
赤岡騎手2

●マキシマム競馬競馬(1日・1場=500円)
6月21日(日)分を販売中
マキシマム競馬新聞
⇒PDF版の購入はコチラから
⇒コンビニ版の購入方法はコチラから
*新聞の見方(HTML PDF




【阪神11R・米子S(3歳上OP)】

②カテドラルはマイルCSで6着と健闘。

「ハイブリッド指数」=《71》
阪神11R2

オープンなら実力は上。

阪神の「HBリスト」
阪神11R0

「HBリスト」の説明書
→「HBリスト」はコチラから
(無料)

*見方はコチラから


福永騎手が阪神の芝の複勝率が約50%と優秀。

「騎手の該当競馬場の成績」=勝ち数2位、勝率19.7%&複勝率49.0%

阪神11R3

⑤カツジはオープンでは末脚は上位。

「推定後半3ハロン」1位
阪神11R4

差し&追い込み勢が有利な阪神外回り1600mは向く。

「脚質データ」

阪神11R

⑦ダノンチェイサーは長期休養明け。池江厩舎と川田騎手のコンビは複勝率が約80%と優秀。

「騎手×厩舎成績」=勝率31.8%&複勝率79.5%
阪神11R5

⑮スマイルカナは桜花賞で3着。斤量50kgなら通用するか。

「ハイブリッド指数」2番手
阪神11R6




続きを読む

■ユニコーンSを攻略するツボ■


ユニコーンS2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


短距離戦からの参戦馬が多く、スタート直後の芝でペースが上がりやすい。その結果、過去5年の前後半3ハロンの平均は34秒5-36秒5、前傾2秒0のハイラップ。「上がり最速馬」は3勝、2着1回、3着1回とすべて馬券絡み。上がり順位が結果に直結するレースで、如何に直線まで脚を溜められるかがカギ。勝ち時計はすべて1分35秒台と速い。秋のチャンピオンズC、翌年のフェブラリーSに繋がるハイレベルな一戦となっている。

CapD20200613_3

単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より
CapD20200613
単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より

続きを読む

↑このページのトップヘ