■「脚質データ」を使って儲ける時短予想 ■

表紙
→amazonはコチラから


【出版社から】
サンケイスポーツ(関西版)にて、10年以上連載が続く「京大式推定3ハロン」。今では類似した考え方の予想法も発表されていますが、その元祖となる理論を最初に発表したのが本書の著者である久保和功氏です。

「京大式推定3ハロン」がこれだけの長期にわたって連載され、読者から支持される理由は、その使いやすさにあると考えられます。今走において「ハナを叩けそうな馬(4角を先頭で回れそうな馬)」、及び「最速の上がりで追い込んできそうな馬」が紙面にて5頭ずつピックアップされるので、あとはその時のコースや距離、メンバーレベルを鑑みて、その中からもっとも力を発揮しそうな馬を任意で選ぶだけ。

それだけの作業で、的中馬券獲得のチャンスが大きく広がるのですから、読者がクセになるのも必然の理です。 本書では、2019年よりサンスポ紙面に新たに加わった「脚質データ」を全競馬場・全コース分掲載。その使い方や、レース状況に応じた立ち回り技術などを、著者である久保氏の馬券テクニックとあわせて紹介。

本書を読めば、今まで以上に、“時間を掛けず"に、それでいながら“高的中率&高回収率獲得が可能"となった、進化した「京大式推定3ハロン」を堪能することができるはずです。


【 本書の内容】

◎1章…京大式推定3ハロンとは(?その理論の有用性と威力についての解説)
◎2章…京大式推定3ハロンをより効果的に扱う方法(脚質データとその活用法)
◎3章…ハイブリッド新聞の見方とその使い方(ハイブリッド新聞の使用方法など)
◎4章…競馬場別攻略(全10場別データ&攻略法)
◎5章…重賞別攻略(全126レースデータ&攻略法)


【発売日】
3月16日(月)


【価格】
2200円(税込)


→amazonはコチラから