【安田翔伍厩舎】

開業2年目の昨年は23勝でリーディング50位。昨年は武蔵野SのワンダーリーデルでJRA重賞初制覇。オメガパフュームでは地方交流GⅠを3勝。

安田翔伍厩舎

東京ダートは勝率21.4%&複勝率42.9%。単勝回収率&複勝回収率100%超えと優秀。フェブラリーSのワンダーリーデルもチャンスありか。

安田翔伍厩舎2
→「厩舎成績」はコチラから





【フェブラリーSの調教後の馬体重】

サンライズノヴァが22kg増。減っていた馬体が戻ったもので、長距離輸送ならベストの体重で出走できるか。アルクトスが20kg増。前走が8kg減で大きな心配は要らないはず。

フェブラリーSの調教後の馬体重




【矢作厩舎】

昨年はリーディング2位。そして、今年も9勝で2位と好成績をキープ。

矢作厩舎

ダートは単勝回収率&複勝回収率ともに100%超え。

矢作厩舎2

ダートの1~3人気では勝率34.5%&複勝率61.8%。フェブラリーSのモズアスコットも人気の一角でチャンス大。

矢作厩舎3
→「厩舎成績」はコチラから




【京都の芝の馬場傾向】

1~4枠が1勝、5~8枠が4勝。「上がり最速馬」は6頭すべて3着以内。芝の内が荒れてきて、外枠の差し&追い込み馬が優勢。京都牝馬Sの京都外回り1400mも差し&追い込み馬が優勢の舞台。

京都の芝

京都の芝2
→「当週馬場傾向」はコチラから(無料)




【ルメール騎手】

今年は芝8勝に対して、ダートは2倍の16勝。

ルメール騎手1

ダート戦+「推定後半3ハロン」1位=勝率39.1%&複勝率69.6%。フェブラリーSはモズアスコットに騎乗。「推定後半3ハロン」1位に該当するか注目したい。

ルメール騎手2
→「騎手成績」はコチラから




【武豊騎手】

24勝でリーディング4位。

武豊騎手1

芝が7勝に対して、ダートは17勝。

武豊騎手2

フェブラリーSは逃げ馬インティとのコンビ。1人気の逃げ馬では16戦12勝の好成績。昨年の逃げ切りの再現も十分か。

武豊騎手3
→「騎手成績」はコチラから




【ダイヤモンドSの枠番別成績(過去10年)

8枠が最多の4勝&7連対。7枠も2勝。外枠に1人気が多いためだが、外枠が不利とはならない。

ダイヤモンドSの枠番別成績




【小倉大賞典の枠番別成績(過去10年)】

7枠が最多タイの5連対。全体的には1~4枠が好成績だが、先週は雨で内が荒れて、外枠が圧倒している。

小倉大賞典の枠番別成績




【フェブラリーSの枠番別成績(過去10年)

昨年は4枠⑥インティが7連勝で初GⅠ制覇。2着③ゴールドドリーム、3着②ゴールドドリームと内枠決着。3枠が最多の3勝、7枠も5連対で最多タイ。外枠有利の舞台だが、このレースはその傾向は少ない。1枠は3着以内が1回と割り引きが必要か。

フェブラリーSの枠番別成績