【斉藤崇厩舎】

先週は3勝の固め打ち、リーディング4位へ浮上。

斉藤崇厩舎

斉藤崇厩舎2
→「厩舎成績」はコチラから

京都の芝は勝率21.4%&複勝率47.6%のハイアベレージ。単勝回収率200%超え&複勝回収率100%超え。

斉藤崇厩舎3
→「厩舎成績」はコチラから

京都記念にはクロノジェネシスが出走。初GⅠ制覇も京都の芝の秋華賞。年明け初戦を白星で飾れるか。




【矢作厩舎】

昨年はGⅠ4勝、リーディング2位。近年はコンスタントに50勝前後。人気薄での好走が多く、複勝回収率80%超えと上々。

矢作厩舎
矢作厩舎
→「厩舎成績」はコチラから

1人気でも勝率52.6%&複勝率78.9%、単勝回収率&複勝回収率100%超えと優秀。

矢作厩舎+1人気
矢作厩舎2
→「厩舎成績」はコチラから

京都記念はステイフーリッシュ&ドレッドノータスの2頭出しでどちらかは馬券に絡むか。東京新聞杯にはサトノインプレッサが登録、ディープインパクト産駒で東京の芝は向くはず。




【京都記念の枠番別成績】

昨年は6枠→7枠がワン・ツー。6枠&8枠が最多タイの3勝。馬場の内が荒れてきたか、外枠の方が優勢。

京都記念の枠番別成績(過去10年)
京都記念の枠番別成績





【共同通信杯の枠番別成績】

15年リアルスティール、17年スワーヴリチャード、19年ダノンキングリーと近年は1枠①番が3勝。5枠が最多タイの3勝。逆に6枠&8枠が0勝。内枠が優勢か。

共同通信杯の枠番別成績(過去10年)
共同通信杯の枠番別成績




【クイーンCの枠番別成績】

昨年は8枠⑨クロノジェネシスが初重賞制覇。3枠が最多の4勝、5枠&8枠が3勝ずつ。枠による有利・不利はないか。

クイーンCの枠番別成績(過去10年)
クイーンCの枠番別成績