ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の19時頃更新。

2021年01月



【AJCCの枠番別成績(過去10年)】

昨年は8枠⑪ブラストワンピース、⑩ステイフーリッシュがワン・ツー。近3年の勝ち馬は6~8枠。過去10年では枠による有利・不利はあまりなかったが、近年は外枠の方が優勢。

AJCCの枠番別成績




【東海Sの枠番別成績(過去8年)】

昨年は4枠⑦エアアルマスが勝利。4年連続して4枠が勝利、中京で施行の近8年で4枠が5勝と圧倒的。1~3枠が0勝。4枠より外枠がよい。

東海Sの枠番別成績



■AJCCの想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


アリストテレスは9戦8連対、菊花賞で上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」=《70》超えと優秀。

アリストテレス

サトノフラッグは8戦3勝&2着1回、菊花賞で「ハイブリッド指数」=《65》をマーク、近2走は重賞で上がり2位以内をマーク。

サトノフラッグ

ステイフーリッシュはオープンで21戦して3着以内が12回、近走は「ハイブリッド指数」=《70》前後で安定、1週前の「追切指数」=《38》と上々。

ステイフーリッシュ

ラストドラフトはアルゼンチン共和国杯で「ハイブリッド指数」=《70》をマーク、ノヴェリスト産駒は中山の芝の中~長距離の成績&回収率が上々、戸田厩舎はオープンで複勝率40%と優秀。


ラストドラフト


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから
HBビューワの見方


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから


【「HB新聞(ライト版)」+「HBリスト」の販売開始】

⇒サイトでの閲覧方法はコチラから
⇒コンビニでの購入方法はコチラから

CapD20200908_4
【「HB新聞(ライト版)のサンプル】
・タテ版 (カラー 白黒
・ヨコ版 (カラー 白黒

【「HBリスト」のサンプル】
全場版
競場別版

⇒サイトでの閲覧方法はコチラから
⇒コンビニでの購入方法はコチラから




【高知ナイター競馬】

●マキシマム競馬競馬(1日・1場=500円)
1月17日(日)分を販売中
マキシマム競馬新聞
⇒PDF版の購入はコチラから
⇒コンビニ版の購入方法はコチラから
*新聞の見方(HTML PDF




【中京11R・日経新春杯(G2)】

⑩アドマイヤビルゴはアンドロメダSを制してオープン入り。


「レースレベル」=《A》、「ハイブリッド指数」=《69》

アドマイヤビルゴ(アンドロメダS)


武豊騎手は年明け初日は好調。


「騎手評価」=《A》

アドマイヤビルゴ(武豊騎手)

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、連対時はすべて4角4番手以内。先行抜け出しの好走パターンが多い。


先週の武豊騎手
武豊騎手2
トップページからログイン
→「HBビューワ」→「騎手成績」
※会員登録(無料)で利用可能

⑪クラージュゲリエはアンドロメダSで僅差の2着。


「ハイブリッド指数」=《69》

クラージュゲリエ(アンドロメダS)


「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」に書いたとおり、同舞台の福永騎手の勝率はトップ。


「騎手=◎」

クラージュゲリエ(福永騎手)
*画像は「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」


中京2200mは京都外回り2400mと同様、差し&追い込み馬が優勢。

「脚質データ」
「脚質データ」日経新春杯

同舞台で16頭の場合、6枠の成績がよい。

「馬番別連対率」=《40%》
6枠(「馬番別連対率」)





【中山11R・京成杯(G3)】

⑤ヴァイスメテオールは新馬戦レースラップが優秀。

「レースラップのラスト2ハロン」=11.2秒-11.2秒
hc06211611-2

木村厩舎は中山の芝の成績が優秀。

厩舎の該当競馬場の勝ち数=3位、勝率15.4%&複勝率40.0%
ヴァイオステール(木村厩舎)

①タイムトゥヘヴンは未勝利戦の勝ち時計が同日のホープフルSと0.2秒差。

「レースレベル」=《S》、「ハイブリッド指数」=《53》
hc06211611-9

戸田厩舎は近4週で芝5勝と好調。

近4開催の厩舎成績=【5・4・2・8】
タイムトゥヘヴン(戸田厩舎2)

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、今年は勝率40%&複勝率70%の超ハイアベレージ。

先週の戸田厩舎
戸田厩舎2
トップページからログイン
→「HBビューワ」→「厩舎成績」
※会員登録(無料)で利用可能

②タイソウも初戦のレースラップが優秀。

「レースラップのラスト2ハロン」=11.6秒-11.4秒
hc06211611-12

「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」に書いたとおり、同舞台のモーリス産駒の勝率はトップ。


「種牡馬=◎」

タイソウ(モーリス産駒)
*画像は「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」





【中京10R・雅S(4歳上3勝クラス)】

④カフジキングはダート1800mは1勝、2着11回。2着固定&3着固定を想定。

「距離実績」=【1・11・6・10】

中京10R

⑭マリオマッハーは中京で3戦2勝。昇級戦でも末脚は通用するはず。

「コース実績」=【2・0・0・1】
中京10R2

①テンザワールドも前走の勝ち方が優秀。

「ハイブリッド指数」1番手
中京10R3

昇級の2頭がチャンス大。

中京の「HBリスト」

小倉10R0

「HBリスト」の説明書

【「HBリスト」のサンプル】
全場版 ・競場別版




【中山8R・4歳上2勝クラス】

③アルーフクライは近5走すべて2~5着以内。

「ハイブリッド指数」=《58》

中山8R

現級では2着が最高。ルメール騎手で過剰人気を想定。

「騎手評価」=《S》、「クラス成績」=【0・1・4・6】

中山8R2




【中京8R・4歳上2勝クラス】

⑭キャノンバローズは現級で2走連続して2着。

「ハイブリッド指数」=《59》

中京8R

斉藤崇厩舎はダートの複勝率が低いのがどうか。

「厩舎評価」=《C》

中京8R2

⑪ドスハーツはラストは堅実に伸びてくるタイプ。

「推定後半3ハロン」1位
中京8R4

武豊騎手、松永昌厩舎ともにはダートの複勝率が優秀。

「騎手評価」=《A》、「厩舎評価」=《A》
中京8R3




【中山6R・4歳上1勝クラス】

⑩ヒロミの前走は中山ダート1200mの時計の掛かる馬場で2着。

「馬場レベル」=《×》、「ハイブリッド指数」=《53》
中山6R

前走のパフォーマンスなら勝ち負け可能。

「ハイブリッド指数」1番手

中山6R2

江田騎手は中山ダート1200mで単勝回収率161%&複勝回収率119%。人気薄の馬券絡みが多数。

江田騎手+中山ダート1200m

中山6R3
トップページからログイン
→「HBビューワ」→「騎手成績」
※会員登録(無料)で利用可能




【中京3R・3歳未勝利】

⑤ドナライトニングは新馬戦で好メンバーで2着。

「ハイブリッド指数」=《39》

中京3R

武幸四郎厩舎はダートの複勝率が優秀。

「厩舎評価」=《A》、「初ダ」

中京3R2

⑦ダノンパジリアもダートで一変する可能性は高い。

「厩舎評価」=《S》、「初ダ」
中京3R3

外枠の人気薄の初ダート組は相手では押さえたい。

外枠+「初ダ」

中京3R4




【小倉2R・3歳未勝利】

逃げ馬優勢の舞台で、逃げ馬が不在のメンバー構成。土曜の芝1200mは3レースすべて「推定前半3ハロン」1位が勝利。

「脚質表」
小倉2R

4枠の⑦コスモサンレミ、⑧スマートエミネンスがダッシュ力は上位。

「推定前半3ハロン」1位&3位

小倉2R2

続きを読む

■京成杯を攻略するツボ■


京成杯2


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):
新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、1枠、5枠、6枠、8枠が2勝ずつ。枠による有利・不利はあまりない。

京成杯の枠番別成績

近7年で「推定後半3ハロン」1位は2勝、3着以内が6回もある。連対馬の14頭中、10頭までが「推定後半3ハロン」5位以内に該当している。


M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

「データパック」京成杯
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面


「ハイブリッド指数」1番手は3連対。3番手以内の2頭が馬券絡みのケースが3回ある。2ブロック目以降(=「ハイブリッド指数」7番手以下)の連対も多い。


近6年の「HBリスト」

「HBリスト」京成杯

「HBリスト」の説明書

【「HBリスト」のサンプル】
全場版 ・競場別版

⑤ヴァイスメテオールは新馬戦レースラップが優秀。

「レースラップのラスト2ハロン」=11.2秒-11.2秒
hc06211611-2

木村厩舎は中山の芝の成績が優秀。

厩舎の該当競馬場の勝ち数=3位、勝率15.4%&複勝率40.0%
ヴァイオステール(木村厩舎)

今週は南Wで好時計をマークして好仕上がり。

当週の「追切指数」=《40》
ヴァイオステール(「追切指数」)


続きを読む

■日経新春杯を攻略するツボ■


日経新春杯2
*画像は「ハイブリッド新聞(ライト版)」

【「HB新聞(ライト版)のサンプル】
・タテ版 (カラー 白黒
・ヨコ版 (カラー 白黒

2016~19年まで「推定後半3ハロン」1位が4年連続して連対。過去5年の勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」3位以内に該当している。


M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

「データパック」日経新春杯
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面


近6年で「ハイブリッド指数」1番手が3連対。「1ブロック」(=「ハイブリッド指数」6番手以内)のワン・ツー・スリーが2回ある。


近6年の「HBリスト」

「HBリスト」日経新春杯
「HBリスト」の説明書

【「HBリスト」のサンプル】
全場版 ・競場別版


⑩アドマイヤビルゴはアンドロメダSを制してオープン入り。


「レースレベル」=《A》、「ハイブリッド指数」=《69》

アドマイヤビルゴ(アンドロメダS)

CWで好時計をマークして好仕上がり。


「追切指数」=《41》、「追切評価」=《A》

アドマイヤビルゴ(「追切指数」)

武豊騎手は年明け初日は好調。


「騎手評価」=《A》

アドマイヤビルゴ(武豊騎手)

「インスタグラム」「ツイッター」に書いた通り、連対時はすべて4角4番手以内。先行抜け出しの好走パターンが多い。


先週の武豊騎手
武豊騎手2
トップページからログイン
→「HBビューワ」→「騎手成績」
※会員登録(無料)で利用可能


⑨ヴェロックスは中日新聞杯で久々に馬券絡み。


「ハイブリッド指数」=《68》

ヴェロックス(中日新聞杯)


続きを読む

↑このページのトップヘ