ハイブリッド競馬新聞

独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数、推定3ハロン、調教指数、騎手×厩舎成績、脚質チェックetc)を掲載したインターネット競馬新聞。カラー版&白黒版が選択でき、タテ版&ヨコ版の選択も自由自在。お好きな用紙のサイズに合わせて印刷も可能。前日の19時頃更新。

2020年03月

■阪神外1800m、中山2500mともに上がり重視でOK■


先週は2重賞ともに「ハイブリッド指数」1番手、「推定後半3ハロン」1位が連対。特に阪神大賞典は「推定後半3ハロン」1位→4位→2位で決着。


阪神大賞典の「推定3ハロン」

阪神大賞典の「推定3ハロン」
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】


スプリングSの「推定3ハロン」

スプリングSの「推定3ハロン」
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】





中山11R・日経賞(GⅡ)、芝2500m

日経賞1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」


【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


次走の天皇賞(春)で馬券絡みした馬はおらず、17年に大阪杯がGⅠとなった影響でレースレベルは低下。近3年の勝ち馬は上がり35秒台を要している。

CapD20200322


ゴール前の急坂を2回も登るコースの長距離戦だから、先行力だけでは押し切れない。


「脚質チェック」=逃×、先〇、差〇、追〇
CapD20200322_1

 




続きを読む



【横山典弘騎手】

先週の日経賞をミッキースワローで制覇。今年15勝でリーディング20位。

横山典弘騎手

大阪杯は関東馬ダノンキングリーとのコンビで参戦。近1年で阪神コースは27戦0勝&3着以内5回。
果たして勝ち切れるかどうか。

横山典弘騎手2
→「騎手成績」はコチラから




【大阪杯の調教後の馬体重】

ワグネリアンは昨秋の2戦で減った馬体が回復。ブラストワンピースは前走と同程度。クロノジェネシス、ダノンキングリーは前走より絞れてくるか。

大阪杯の調教後の馬体重




【北村友一騎手】

先週から復帰の北村友一騎手。高松宮記念は不利を受けての3着は惜しいレース。中京で11レースで3着以内が9回、複勝率80%超えのハイアベレージ。

北村友一騎手

昨年の大阪杯でアルアインとのコンビで初GⅠ制覇。阪神の芝は複勝率が約50%と優秀。

北村友一騎手3

今年はクロノジェネシスで参戦。牡馬が相手でもチャンスは十分。

北村友一騎手2
→「騎手成績」はコチラから






【友道厩舎】

リーディング1位独走。

友道厩舎

3月は22戦10勝の超ハイアベレージ。

友道厩舎2

特に芝2000m以上は勝率60%&複勝率80%。若葉Sのアドマイヤビルゴ、阪神大賞典のユーキャンスマイルは春のGⅠ戦線でも期待できる。

友道厩舎3
→「厩舎成績」はコチラから


続きを読む

■ハイブリッド競馬新聞用の想定版■


HBビューワを公開中です。今週分の特別登録をアップしました。


ブラストワンピースは12戦7勝、AJCCが「ハイブリッド指数」=《76》、上がり最速をマーク。


ブラストワンピース

ダノンキングリーは8戦5勝、中山記念が4角3番手→上がり3位、「ハイブリッド指数」=《76》。


ダノンキングリー

クロノジェネシスは9戦5勝、京都記念が「ハイブリッド指数」=《76》、上がり最速をマーク。


クロノジェネシス


ワグネリアンは10戦5勝、近3走は「ハイブリッド指数」=《74》超え、「追切指数」=《34》と上々。


ワグネリアン


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。


「HBビューワ」
⇒トップページはコチラから

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)


→「ハイブリッド新聞」のお申し込みはコチラから

 


【中山10R・船橋S(4歳上3勝クラス)】

⑬メイショウキョウジは格上挑戦の北九州短距離Sで2着。

中山10R

1200mでは9戦すべて3着。自己条件なら、「ハイブリッド指数」的には一枚上。

メイショウキョウジ

相手筆頭は「ハイブリッド指数」2番手&「推定後半3ハロン」1位の⑮ビリーバー。「ハイブリッド指数」=《60》超えが6頭。

中山10R
*画像はリニューアル版の「データシート」
(見方はコチラ




【中山9R・ミモザ賞(3歳1勝クラス・牝)】

前走が現級で2着の⑥アンサンブルが「ハイブリッド指数」最上位。「ハイブリッド指数」上位では⑦アテナノワール、⑧アマゾーヌ、⑨ダイワクンナナが人気薄。

中山9R
*画像はリニューアル版の「データシート」
(見方はコチラ




【園田7R】(14:25発走)

⑥ムルガン&下原理騎手が最上位。

園田7R

相手筆頭は鞍上込みで⑩ウインカートゥーン。②バレンタインハート&竹村騎手が妙味ありか。

園田7R2

●園田、船橋、高知競馬(1日=500円)
3月31日(火)分を販売中
マキシマム競馬新聞
⇒PDF版の購入はコチラから
⇒コンビニ版の購入方法はコチラから
*新聞の見方(HTML PDF




【中山5R・3歳1勝クラス】

⑯エンプティチェアは近2走は「ハイブリッド指数」=《50》超え。

中山5R

1200mでは4戦すべて2着&3着に好走。好ダッシュから押し切るか。

中山5R2

相手は混戦。

中山5R3
*画像はリニューアル版の「データシート」
(見方はコチラ




【中山4R・3歳未勝利】

逃げて好走している馬が不在のメンバー構成。⑦ダイワミラクル、⑪ホウオウエミーズ、③メイショウカイコウが「ハイブリッド指数」=《40》超え。

中山4R
*画像はリニューアル版の「データシート」
(見方はコチラ


続きを読む

■マーチSを攻略するツボ■


ハイペース
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

【新聞項目の説明】

ハイブリッド新聞(タテ版):
新聞内ブログ
ハイブリッド新聞(ヨコ版):

新聞内ブログ
データシート:
新聞内ブログ


16年はショウナンアポロンがスローペースで逃げ切ったとはいえ、スタミナが要求される舞台で、ゴール前の急坂で形勢が逆転するケースも多い。10番人気以下が5頭も馬券絡みしている。軽ハンデの差し&追い込み馬には注意したい。


CapD20200322


過去5年で「上がり最速馬」は1勝、3着1回のみだが、連対馬の7頭までが上がり5位以内をマーク。


「脚質チェック」=逃〇、先〇、差△、追×

 CapD20200322_3

単行本「脚質データ」を使って儲ける時短予想より


続きを読む

↑このページのトップヘ